げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

スキー

ヤフーブログ終了に関して。




 私がこのブログを始めたのが2012年5月です。

 当時のスキーレベルはテクニカルでした。
 自分がテクニカルに合格するのにとても苦労した経験から、同じように悩んでいる人たちのお役に立ちたいと、書き溜めていた技術的なことを書いたのが始まりです。

 技術論は批判を浴びやすいので、大学教授や専門家の書物、論文などから裏付けを探したりもしました。

 当初スキーカテの人気ブロガーの記事を読むと、私の事をバカにした書き込みがいくつか見られました。たぶんすぐに消えると思ったのでしょうね、技術ネタなど直ぐに底を突くだろうと。
 残念ながら未だに技術論は続いていますし、今でもその人たちのことは大嫌いです。

 技術に関しては様々な考え方があるので、正しいか間違っているかと言うよりも、実際に自分がクラウンに合格することで実効性を証明するしかないと思っていました。
 その後クラウンに合格した時は、私の考え方や練習法が充分クラウンレベルに到達できると証明されたと思い、とても嬉しかったですね。

 クラウン合格後はゲレンデを滑っていてもアドバイスを求められることが多くなりました。しかしワンポイントアドバイスでは限界を感じ、きちんとレッスン形式でやりたいと思い個人でレッスンを始めました。
 おかげさまでレッスンを初め4シーズン経ちましたが毎年テクニカル合格者が出ています。
 
 こう書くと一見順調のように思えますが、当然面白く思わない人たちがいて嫌がらせを受けます。SAJやらSIAやら組織に所属している人は勝って気ままにレッスンをすることなどできませんから。
 今後も嫌がらせは続くでしょうね。


 スキー以外でも他のブロガーさんとの出会いがありました。

 私が直腸がんの手術を受けたことや娘が脊髄腫瘍になって難しい手術を受けたことなどを記事に書いたからです。

 重篤な末期がんの人や闘病中の人が訪問され、その人たちのブログにコメントした事も有りました。
 残念ながらその人たちのブログは、ある日を境に更新されなくなり、安否が分からなくなってしまったり閉鎖されてしまいました。
 
 残酷な現実ですが、治る見込みの無い病で日毎に具合が悪くなっていく中にあって、社会との繋がりを維持したい、自己の存在を知ってもらいたい、そんな人としての基本的な生存本能を教えてもらったように思います。
 残された貴重な時間を使ってわざわざ私のブログを見に来てくれているのかと思うと、もう少しましな記事を書けないものかと自責の念に駆られることもありました。

 そんな色々な出会いがあったヤフーブログですがもう直ぐ終了です。
 (見たくなければ見ないでくれ)なんて書いてますが、それはほんの一部のおかしな人間に対してです。
 もちろんより多くの方に見て頂いて、スキーライフに役立ててもらえる事を目指しています。

 新しく始めたライブドアの方でこれからも書いて行きたいと思っています。
 これからもよろしくお願いします。

イメージ 1



 

ライブドアブログに動画を載せました



  ライブドアブログに記事を更新しているのでご覧ください。

  しかし吉本の社長の会見はお粗末でしたね。去年の日大アメフトの内田監督の会見と良く似ていました。

 芸人を守るでも無く、かと言って会社を守るでも無く、自己の保身のための会見のようでした。

 色々な意見や見方があると思いますが、さらに問題なのはマスコミが島田伸介を取材してそのコメントを取り上げることです。
 それこそ(反社会的勢力との関係を継続したい)と言って辞めていった人間のコメントを、何でわざわざ取り上げるのでしょうか?

 芸能界もマスコミも可笑しな世界ですね。


 吉本の芸人ではロンブーの淳さんの自宅に何度か行きましたが、参宮橋の一軒家のときはロバートの秋山君が付き人みたいなことやってましたね。
 代官山のマンションでは一人で優雅に過ごされていたような? 吉本は良く知らないけれど堅気の会社ではないと言う印象ですね。
 
 また昔の話でした。






五反田へ行って来ました。

 昨日は京王線が止まって、危うく家族の通勤に車を出さなければならないところでした。9時過ぎには動き出したので送迎せずに済みました。道路は大渋滞ですからね(^.^;

 カスタムフェアも最終の五反田会場と言うことで、とりあえず行って来ました。
 TOCの別館なのでシャトルバス降りてから結構歩きますね。

 

イメージ 1

イメージ 2


 たまたまなのか今日は空いていて、お客よりもスタッフのほうが多いくらいでしたね。
 手に取ってみたい物も有ったけど、買う予定が無いとちょっと見辛い感じです。
 
 ロシニョールのブースでプレートやビンディングについて、少し突っ込んだ話しをしましたが、後はざっくり見て帰って来ました。
 他にも聞いてみたいメーカーが有ったけど難しいですね。

 またそのうち神田のスキー街へ行ってみようかと思います。

ストックワークを整える

 ライブドアブログに記事をアップしました。ご覧ください。

http://gensanski.livedoor.blog/archives/1121276.html

回旋と角付けのコントロール



 今回はまたややこしい話になります。
 理屈は嫌だと思う方は動画だけサラっと見流してください。


 スキーではターンの3要素として回旋・角付け・荷重が有ります。
 昨年は回旋動作についての動画を作りましたが、今回はその訂正と角付けについての動画を作りましたのでその補足説明をしたいと思います。


 以前「3つの回旋動作」と言う記事で動画を載せました。,腰を回す回旋。,股関節で大腿を回す回旋。,大腿を回すがスキーは回さない回旋。です。
 この時点でお気付きになられた方も居ると思いますが、3つ目の(スキーを回さない回旋動作)と言うのは実際には角付け操作になっていて回旋動作に区分するのは不都合が有ります。
 また、この動作が有るということは逆に大腿を回さずにスキーだけ回旋させる動作が有ると言うことになります。
 つまり、股関節の回旋動作を使わずに足首を使ってスキーを回旋することができるわけで、これこそを第3の回旋として区分しておくべきでした。

 この足首だけでスキーを回旋する操作は実際やってみると回旋だけでなく角付けも同時に起きてしまうことが解ります。スキーを右へ回旋すると左側にエッジが立ち左へ回旋すると右側のエッジが立ちます。
そこで今回はこの足首を使った回旋・角付け操作を3番目の回旋操作、3番目の角付け操作とした動画を作りました。

 それではご覧ください、と言いたいところですがその前に運動の主役となる股関節の機能について説明させてください。

 股関節は臼状の関節で大腿骨を動かす支点になっています。
その運動は3方向に分けられ①伸展と屈曲・②内転と外転・③内旋と外旋です。

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

 スキーの回旋操作には③の回旋動作が関わり、角付け操作には②の内外転動作と③の回旋動作が関わっています。
 この股関節の運動はしっかり頭に入れて於いてください。


 股関節と共に膝関節足首関節を合わせてスキー3関節と呼び、回旋・角付け・荷重はこの3関節が中心になってコントロールします。
 膝関節は伸展と屈曲の1方向の運動しか有りませんが足首の動きは複雑で、内旋・外旋、内転・外転、のほかに背屈・底屈、回内・回外、内反・外反など7つの足根骨と相まって色々な動きをします。
 今まで足首の動きにあまり触れなかったのは複雑すぎると言う理由が大きいです。
 しかしスキーの場合は硬いブーツを履くことによって足首の動きは抑制されています。
 ブーツを履くと足首は自由に動かなくなる反面ブーツによってスキー操作はしっかり出来るように成ります。
 角付けの画像を比べると一目瞭然ですが、ブーツを履かないと外スキーの角付けはほぼできません。逆に内スキーのエッジが食い込んでしまいます。
このように角付けの強さはブーツの強度にかなり依存しています

イメージ 7 イメージ 8

 さて、私の経験からは足首を使った回旋動作は角付けを伴う操作になっていますが、これは人によって或いはブーツによっても多少違うかもしれません。

 回旋も角付けも実際は股関節の動きが大きく関わっていますが、足首の感覚・意識も大事にして欲しいと思っています。
 良く(雪面に近いところから動かしていく)とか(滑りは足元から作っていく)と言われるように、足裏・足首の感覚や動かす意識は大切にした方が良いと思います。


 最後になりますが、なぜこんなややこしい記事を書いているのか?です。
 先日紹介したインタースキーでの丸山デモの動画やSG誌の記事に有った(ピボットではなくロールを使う)との解説を見てすぐに理解できた人がどれだけ居たでしょうか?
 私の理解ではピボット(回旋動作)を使うのではなくてロール(内・外転動作)を使って滑ることを推奨していると考えるのですが、その前提として股関節の使い方を理解していなければ何の話かまったく解らないのではないかと思うわけです。
 この事に限らず股関節・膝・足首の使い方は常にスキーの滑走スタイルに直結しています。動画を参考にして運動を掘り下げてみるのも上達に役立つでしょう。


 
ギャラリー
  • 静的バランスと動的バランス
  • 静的バランスと動的バランス
  • 静的バランスと動的バランス
  • 静的バランスと動的バランス
  • 静的バランスと動的バランス
  • 静的バランスと動的バランス
  • 横の動きと縦の動き
  • 横の動きと縦の動き
  • 横の動きと縦の動き
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ