げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

スキーの基

足首を使ったスキーの回旋・角付けについて



 前回に続いてスキーの回旋・角付けに付いてのお話です。

 1回目は(スキーの角付け・回旋は股関節主体で行なう」話をしました。

 2回目は(角付けには股関節の外転のほかに、股関節を内旋させる方法もある)事を紹介しました。 

 その中で(スキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きる)と説明しました。
 このことから逆に、足首を外に捻れば角付けが起こることを利用して、角付けのコントロールをして行こうと言うのが今回の狙いです。

 何時もながら解かり難いと思われる動画を作ったのでご覧ください。

  


 股関節はともかく足首の説明が複雑になるため、3回に分けて説明して来ました。

 何時も言っているように若くて運動神経の良い人は、難しいことを考えなくても練習すれば上達します。

 ある程度年齢が上がると、やみくもに練習していても上達しなくなっていきます。

 そんな時には細かい運動要素に滑りを分解して、どの運動要素が足りず何が余計なのか?を知ることで課題がハッキリしてきます。

 また、あいまいな部分をクリアにしていくためにも、足首や股関節の動きに注目して技術を考えていってもらいたいと思います。






 

股関節内旋によるスキーの角付けについて



 前回は「スキーの角付け・回旋は主に股関節の外転と内旋を使って行なう」と言う話をしました。

 実はスキーの角付けには股関節の外転のほかに股関節を内旋させる角付けもあるので、その部分に付いての解説動画を作りました。

 通常は股関節を内旋することでスキーを回旋させています。
 ところがスキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きるのです。

 つまり、股関節の内旋によって足首の角付けが起きます

 実際多くのスキーヤーは無意識にこの両方を使って滑っていると思います。

 そこで、スキーの角付けを股関節の外転で行なう練習と、股関節の内旋で行なう練習をして、違いを理解して滑りの精度を高めて行くことができるのではと考えています。

 何時もながらややこしい話で申し訳ないので、動画を参考に試してもらえると幸いです。



 動画内でも言ってますが、ブーツを履いたときと脱いだときでは角付けがまったく違ってしまいます。
 陸上トレーニングやスキーのシュミレーションでは必ずブーツを履いて、動きを確認してもらいたいと思います。


    






前回の補足動画作りました。(回旋・角付けは股関節主体で・・)


 
 前回の記事でターンの3要素に付いて少し書きました。

 ちょっと解かりにくいところが有ると思いますので、説明動画を作りました。

 中でもブーツの影響を受ける足首の動きは複雑で解かり難い所があります。


 さらに感覚的には足首を使っているのかを動かしているのか股関節を使っているのか、同じ動作をしていても人によって意識が違うことも多いようです。

 そのような感覚の違い実際は何処をどう動かしているのか?といった事を正しく理解していくことがスキー上達に繋がっていくと思います。



    

 
 他にもたくさんアイデアが有るので、時間があるときに説明していきたいと思います。

 もちろんどのように受け取るかは皆さんの自由です。クレームはやめてね。






スキーは自由なスポーツでは?



   前回(スキーはおまけ)なんて書きましたけど、私にとってスキーは掛け替えの無い趣味です。

 スキーの魅力は色々あるけれど、なんと言っても自由を実感できることが一番だと思っています。
 非日常ですね。

 スキー場という限りはあるけれど、誰にも縛られずに雪山の斜面を思い通りに滑り降りることができます。 この自由が他のスポーツには無いスキーの特件のように感じています。

 真っ白なキャンパスに最初のシュプールを刻む、なんてことはたまにしか無いけれど、たとえ荒らされてしまったゲレンデでも、自分の思うように自在にターンしながら滑り降りるのはとても気持ちが良いものです。
 思い返しただけでワクワクしますよ。

 でも多くの日本人は自由に不慣れですね。

 自由にして良いよ、と言われるとどうして良いか解からないのです。

 いつも誰かの指示に従い、周りの目を気にして、人と同じことが良いと思い込んでいる。

 せっかく自由を手にすることができるチャンスなのに、自ら枠を作り自分を縛りたがるようです。
 自由が不安、ひとりが不安なんでしょう。

 直ぐに群れたがるし、組織に入りたがる訳ですが、そうすると当然自由は制限されてしまいます。組織の一員になれば立場と責任が発生しますから。

 そうして自由に振る舞えない人たちは、逆に自由に振る舞っている人を批判するようになります。

 自分は規則に縛られているのに自由な人が居るのは気に食わないのです。
 規則を破っているように感じてしまうのでしょう。そんな規則は無いのにね。


 スキーは本当に自由を手にすることができるスポーツです。
 やっと手にすることができる自由を何故手放そうとしてしまうのか? 私はもったいないと感じてしまいます。

 そしてさらに自由度を上げるために自分は練習しています。

 スノーバへ通うのも、技術レベルを上げてもっと自由にゲレンデを滑れるようになりたいからです。
 


  





コブでズルドンは使わずに滑る・その2

 
  前回に引き続きコブ滑りの練習法について持論を展開します。

 動画でラインコブとモーグルコブを滑っているので参考にしてもらえると嬉しいです。


 ラインコブ外側の淵に沿って滑れば、簡単に滑りきる事ができると思います。  
 プルークでしっかりスピードを抑える事ができるように、何度も繰り返し滑って下さい。 

 そのコブに慣れて来たら、少しだけ内側をパラレルで滑ります。  
 ジャンプターンの要領で、横から横へ移動しながら深く回して、スピードを抑えます。

 余裕を持ってコブを滑れるようになれば、いろんな事を試す事ができます。  
 滑るだけでいっぱいいっぱいだと、練習にならず上達し辛くなってしまいます。  



 モーグルコブも同じですが、あまり外側を通るとコブを壊してしまうので、少し内側をプルークで滑ります。(モーグルスキーヤーに迷惑)   
 これがちょっと難しいところです。

 忙しいし脚力が要りますが、プルークで滑れない人はパラレルでも破綻します。  
 それだけ瞬間的に強いエッジングが必要です。  

 ゆっくり滑りきる事ができれば、練習次第でどんどん上達すると思います。
 まずはゆっくり滑り通すことを目指してください。
    

 いわゆるズルドン滑りは、すでにコブを自由に滑れる人が動きやフォームを確認する為の練習メニューです。  
 まだコブを自由に滑れない人がズルドンをやると逆効果に成る可能性があります。

 無駄な練習は止めて、ゆっくりターン弧を描く練習をしてください。



 





ギャラリー
  • 続報!浜松市データを見ると
  • 続報!浜松市データを見ると
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目中止も北海道から。
  • 足首を使ったスキーの回旋・角付けについて
  • 股関節内旋によるスキーの角付けについて
  • 発症予防と重症化予防は・・・?
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ