げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

スキースポーツ

足首を使ったスキーの回旋・角付けについて



 前回に続いてスキーの回旋・角付けに付いてのお話です。

 1回目は(スキーの角付け・回旋は股関節主体で行なう」話をしました。

 2回目は(角付けには股関節の外転のほかに、股関節を内旋させる方法もある)事を紹介しました。 

 その中で(スキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きる)と説明しました。
 このことから逆に、足首を外に捻れば角付けが起こることを利用して、角付けのコントロールをして行こうと言うのが今回の狙いです。

 何時もながら解かり難いと思われる動画を作ったのでご覧ください。

  


 股関節はともかく足首の説明が複雑になるため、3回に分けて説明して来ました。

 何時も言っているように若くて運動神経の良い人は、難しいことを考えなくても練習すれば上達します。

 ある程度年齢が上がると、やみくもに練習していても上達しなくなっていきます。

 そんな時には細かい運動要素に滑りを分解して、どの運動要素が足りず何が余計なのか?を知ることで課題がハッキリしてきます。

 また、あいまいな部分をクリアにしていくためにも、足首や股関節の動きに注目して技術を考えていってもらいたいと思います。






 

股関節内旋によるスキーの角付けについて



 前回は「スキーの角付け・回旋は主に股関節の外転と内旋を使って行なう」と言う話をしました。

 実はスキーの角付けには股関節の外転のほかに股関節を内旋させる角付けもあるので、その部分に付いての解説動画を作りました。

 通常は股関節を内旋することでスキーを回旋させています。
 ところがスキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きるのです。

 つまり、股関節の内旋によって足首の角付けが起きます

 実際多くのスキーヤーは無意識にこの両方を使って滑っていると思います。

 そこで、スキーの角付けを股関節の外転で行なう練習と、股関節の内旋で行なう練習をして、違いを理解して滑りの精度を高めて行くことができるのではと考えています。

 何時もながらややこしい話で申し訳ないので、動画を参考に試してもらえると幸いです。



 動画内でも言ってますが、ブーツを履いたときと脱いだときでは角付けがまったく違ってしまいます。
 陸上トレーニングやスキーのシュミレーションでは必ずブーツを履いて、動きを確認してもらいたいと思います。


    






前回の補足動画作りました。(回旋・角付けは股関節主体で・・)


 
 前回の記事でターンの3要素に付いて少し書きました。

 ちょっと解かりにくいところが有ると思いますので、説明動画を作りました。

 中でもブーツの影響を受ける足首の動きは複雑で解かり難い所があります。


 さらに感覚的には足首を使っているのかを動かしているのか股関節を使っているのか、同じ動作をしていても人によって意識が違うことも多いようです。

 そのような感覚の違い実際は何処をどう動かしているのか?といった事を正しく理解していくことがスキー上達に繋がっていくと思います。



    

 
 他にもたくさんアイデアが有るので、時間があるときに説明していきたいと思います。

 もちろんどのように受け取るかは皆さんの自由です。クレームはやめてね。






ターンの3要素と(スキーは足元から)



 また新規感染者数が増えて来ましたね。

 打っても感染予防効果が無いことを 、すでに3回打った河野太郎前ワクチン担当大臣が自ら証明してくれました。
 4回打っても感染するし、やっぱり自然免疫が一番大事ですね。


 さて、過去の記事で 
足首の外転・内転とスキーの外旋・内旋 と言う記事がけっこう読まれているみたいです。  


 足首の使い方に付いては皆さんに伝えたいことが有るので、また記事にしたり動画を作りたいと思っています。

 今日は少し補足説明をしたいと思います。

 -^-^-^-^-^-

 ターンの3要素は角付け・回旋・荷重です

 そのうちの一つスキーの回旋動作については、基本は股関節を使って大腿を回旋する動作を使います。
 つまり「スキーの回旋は股関節で行なう」のが基本です。

 
足首を使ってスキーを回旋させると角付けも同時に起こってしまうので、その事を理解した上で足首も使うようにしてください。(ブーツを履くと足首を水平に回転させることはできません。)

 問題は(スキーは足元から動かせ)と言われるので、足首で回旋するほうが良いと勘違いしてしまう可能性があることです。

 この(スキーは足元から・・・)と言うのはとても大事なことで、私は足裏・足の指ががどうなっているのかを常に考えながら滑るようにしています。

 つまり、ターンの各局面で足裏・足指がどうなるのが理想かを考え、その足裏に合わせて足首・膝・股関節をセットしていく考え方です。

 滑りを足元から作っていくと、結果として上体の位置や向き・傾きができてくる。これが滑走フォームとなって現れてきます。

 滑走フォームを優先してしまうと、上体から動いてしまったりして足元が疎かになりやすいのです。(滑りを土台から作っていくと言うことです)


 角付けについても一番大事なのは足裏の角付けがどうなっているかです。
しかしここでも、実際の角付け動作は股関節主体で行なうことが基本です。

 足首を使った角付けは股関節の回旋が同時に起こるので、外見上は膝を内側に絞ったように見えます。
 いわゆる(膝を絞った角付け)は、実際は足首を使っている角付けで、殆ど全てのスキーヤーが行なっています。
 最近では角付けの主役は股関節で、足首は補助的に使うような流れになってきていると思います。


 そして荷重です。
 荷重と加重は違う、という人も居ます。そうなると話がややこしくなってしまうので、私は荷重でよいと思っています。
 
 荷重に付いても股関節主体に考えて良いと思います。

 足裏・足指の何処にどのくらい重さが乗っているかを感じながら、実際は左右の股関節で力を受け止める運動が荷重動作ではないかと考えています。

242f73ef.jpg

P1120789


 以上のようにターンの3要素はいずれも、実際の動作は股関節が主役で行ないます。

 そして足裏で角付け・荷重がどうなっているのか感じ取ることがとても大事です。


 このように「足元を動かせ」と言うのは(身体を安定させてスキーを動かす)こととは違うので、混同しないように注意してください。

 足裏・足指の感覚を研ぎ澄ませて、ターンの瞬間瞬間で上手く雪面を捉えられているのかを感じ修正していくことで、さらに正確な滑りが出来上がってくると思います。

 
 ややこしい話で申し訳ないですが、上達すればするほど技術に対する考え方がとても重要になってきます。

 もちろん違う考えの人も居て構いません。
 どのように考えるかは自由です。でも御自身できちんと考えて滑って欲しいと思っています。





スラ板をデチューン



 あんな事が起こってしまいましたが、それが逆に多くの国民の意識を揺さぶり、自民が圧勝する結果になりましたね。

 関連する宗教団体って事で、公明党はとばっちりを受けたような気もします。統一教会なのにね。

 他はnhkへの不満を持つ国民が多いって事も確かですね。
 (ガーシーが当選してますます暴露に拍車が掛かりそうですが、大丈夫なのか?)


 さて、前回ちょっと手を焼いたブリザードのスラ板。実は滑走面がコンケーブ(凹)になっていて、エッジが引っかかるのは解っていました。
 
 軽く削って行ったけど駄目だったので、その後思い切り削ってフラット出ししました。

 ついでにビンディングを1センチ前に付け替えてスノーヴァで滑ってみたところ、普通に扱えるような気がしてきました。(ロシと比べて2センチ後ろだったので)
 ビンディング自体を軽量なコンプモデルに変えようかとも思っています。
 とりあえず何とか成りそうで良かったです。

P1150528


P1150527


 毎年、中古の板を何本か入手していて、色々感じるところが有ります。低価格な事もあって、きれいに仕上がってる板はまず無いですね。

 たいていはコンベックス(凸)で、エッジも丸まっているのが多いです。
 
 私は全部自分でチューンして、そこそこ乗れるようにしているつもりです。
 
 皆さんは信頼できるショップが有れば、毎年チューンに出したほうが良いと思います。

 1シーズンで滑走面はけっこう変形するし、ビンディングやプレートはガタが出ます。

 余裕が有る人はニューモデルを予約して、古いのは早く手放しましょう(笑)。





 
 
ギャラリー
  • 続報!浜松市データを見ると
  • 続報!浜松市データを見ると
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目は効くのか??
  • 4回目中止も北海道から。
  • 足首を使ったスキーの回旋・角付けについて
  • 股関節内旋によるスキーの角付けについて
  • 発症予防と重症化予防は・・・?
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ