げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

医療

集団免疫はできる?できない?

 ワクチン接種が進んでいます。

 リスクとベネフィット(メリットとデメリット)を比べてみて、自己判断自己責任で打つ事になっています。

 一方でより多くの人が打てば集団免疫が獲得できるのではないか?という考え方もあり、職場や大学での集団接種を推奨している根拠の一つになっています。

 これが打たない選択をした人への同調圧力になって、差別やいじめを受けることがあります。

 考え方は人によって違うのは当然ですが、現実はどうでしょう?

 果たしてこのワクチンで集団免疫を得ることができるのでしょうか?

 今のところ集団免疫を成し遂げた国や地域はまだありません。

 イスラエルの例を見ても、ワクチンの普及後には急激に感染者数が減るのですが、新たな変異株が出現して再び感染が拡がっています。

 すでにワクチンを打って十分な抗体が有る人が、無症状感染者となって感染を広めている事象が確認されたそうです。(イスラエルの医師の発言です)

 厚労省のホームページにも感染を防ぐものではなく、感染しても重症化を防ぐものです。と書いてあります。

 残念ながら今のワクチンでは集団免疫を得ることは、まず無理なんでしょうね。



 でも明るいニュースもあります。

 ノババックス社が開発し武田薬品が国内で製造する新しいワクチンが、年内にも供給される予定らしいのです。
 こちらはm-RNAワクチンではなく、従来型のワクチンなので、遺伝子に与える影響を心配されている人にとって朗報ですね。

 他にも国産ワクチンや治療薬の開発が進んでいますので、より安全で効果の有る物が出来上がる事を期待したいですね。


Screenshot_20210626-185617


Screenshot_20210626-185524


集団免疫についてはこちら

Screenshot_20210627-140821


 なお、モデルナワクチンについては武田薬品のホームページに詳しい説明があります。

 ファイザーのホームページは英語でよくわからないので、武田薬品のホームページでリスクとベネフィットを良く読んでおく事をおすすめします。



ワクチンは打つ?打たない?



 皆さんのお手元にはワクチン接種券は届いたでしょうか?
 先日私にも届きました。
 私の周りではすでに2回目の接種を終えている人も居ます。

 自分もそのうち落ち着いてきたら打ちに行こうかな、ぐらいに思っていましたが、家のかみさんが(私は打たないよ)と強く言うので少し調べ始めてみました。

 推進派と否定派がいて様々な意見があるのですが、「感染予防の効果と副反応のリスクの双方に付いてよく理解した上で最後は自己責任で決めてください。」と厚生労働省のホームページにも書いてあります。強制では有りません、とも。

 リスクベネフィットとよく言われるのですが、高齢者と若者とその中間層ではまったく異なってきます。
 特に20才未満のコロナによる死亡は日本では0に対して、ワクチン接種による死亡のリスクが僅かながら有ることはリスクのほうが大きいことになります。
(少中学校で集団接種なんてかなり危険なことだと思います。)

 このワクチンの問題点はたくさん有るのですが、厚労省のホームページにもワクチン接種券の同封説明書にも次のように書かれています。
「現時点では感染予防効果は明らかになっていません」
「本剤には、これまでのワクチンには使用されたことのない添加剤が含まれています」
「なお、本ワクチンは新しい種類のワクチンのため、これまで明らかになっていない症状が出る可能性があります」

(ん~ん、これじゃ打てないよ。)
DSC_0005

DSC_0006
 
 もしも副反応が出た場合は救済制度が設けられている、とありますが、その申請には掛かりつけ医または接種医の診断書が要ります。
 ところが実際に副反応が出た場合に診てくれるお医者さんが居なくて、たらい回しにされた挙句重症化して救急車で運ばれた、なんて事が起きているようです。

 早くも町医者の中には(ワクチン接種された方の診察はお断りしております)と張り紙しているところが出始めていますから、実際に救済制度を使うのはかなり難しいと思います。


 とにかく周りに流されないで、よく調べて納得してから決めたほうが良いと思います。


 (
ちなみにファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、にジョンソン&ジョンソン、等有りますが、どれもまだ治験の最中での緊急承認です。
 今回のm-RNA型ワクチンは、SARSやMARSの流行時から開発が進められていたが、全て失敗に終わっている事実があります。
 日本国内では6/23時点でワクチン接種後に356名の死者が出ていますが、ワクチンとの因果関係は解かっていません。)

 
 



 

病床が足りない増やせない。


 しかし緑のおばさんも、ニューヨークのクオモ知事を少しは見習ったらどうかな?

 半年の間にコロナ専用病床を増やさなかったのは、行政の怠慢じゃないか。

 しかも直近の2ヶ月に中国、ベトナム、インドネシアなどから入国した留学生が、9万7000人超えてるそうだ。
 入り口がゆるゆるで、国民に自粛要請しているのってどうなのかな?

 (おまけにコロナでお亡くなりになった方達の平均年齢は79·4歳と言う事実はあまり報道されない)

 毎日20万人もの感染者が出ているアメリカだけど、ニューヨークの病院スタッフがインタビューにこう答えていました。(春の時と違って今は余裕が有るよ。足りなければ増やせば良いのだし。)だってさ。

 日本は情けないなぁ。
 (一度気が緩んだものは、なかなか戻らないようだ)と中川会長がおっしゃっていました。

 おかしいなぁ。本来なら(国民の皆様は安心して病院へ来てください)と言うべき立場じゃないのかな?
 (病院が一杯だから皆んな病気にならないでね。病気になっても診てあげないよ。)と医者が言ってる訳だ。

 まぁ、医者に言わせてる行政のほうが、もっと悪いのかも知れないけと・・・。




報道に惑わされず正しく対処しましょう。



 新型コロナウィルスの感染者数が増えているので、GO TOキャンペーンも東京は除外されてしまいました。 

 昨日も今日も都心の町は人出が少ないようで、ほとんどの都民は冷静に対応しているような感じを受けます。

 実際は感染者と言っても無症状の人が多く重篤者はとても少なく、今月に入って東京都で亡くなった2名は80代と90代だそうです。

 現時点で結果を見ればインフルエンザよりずっと被害が少ないにもかかわらず、経済的には戦後最大ともいえる打撃を受けてしまっています。

 政府の対応にも問題があるしテレビやマスコミの偏向報道も酷いものがありますが、多くの人たちがすっかり恐怖心を煽られてしまって、冷静な判断ができなくなって来ているようです。

 テレビに出てくる御用学者
は、番組プロデューサーの意向に沿った発言しかしないので聞くだけ無駄ですが、本物の専門家が正しく理解できるように発信している動画もあります。

 今度のウィルスについて正しく理解して冷静に対応していく事が大切だと思います。
 ぜひご覧ください。






PCR検査って皆が受けちゃいけないの? シロウトでも解かるみんなが受けちゃダメなわけ



 ※数値にばかり気を取られて肝心の表題を間違えていました、お恥ずかしい。

  前回の記事で“ 検査は疑いの高い人だけを検査することで信頼値が上がっていき、不特定多数を検査すると信頼値が下がってしまう”と書きましたが、自分も最初はこの事を理解できずにテレビでコメンテーターが騒いでいるのに同調していました。(専門家は知ってるはずだけどね)

 一言で言うと「もっと検査受けさせろよ!」と思う訳ですが、実はそれでは検査の意味が無くなってしまうのです。
 これについて数学の先生が確率の例題として説明している動画が有ります。数学の得意な方はそちらをご覧になってください。

 でも私のように確率計算が苦手な人には理解に時間がかかると思い、私が理解したキリの良い数字を当てはめる方法で説明したいと思います。

 もちろん私は医療の専門家ではないので間違いがあるかもしれませんし、使っている数字も仮定のものなので理解の参考程度にとどめてください。



 さて、話題のPCR検査ですが、日本語ではポリメラーゼ連鎖反応といって武漢発の新型コロナウィルスの感染判定に使われています。
 どんな検査も100%正しい結果を得られるものは無く、PCR検査も同様です。

 結果が陽性と出た場合の正確性を感度(%)と言い、陰性と出た場合の正確性を得異度(%)と言います。
 PCR検査の感度も得異度も発表されていませんが、うわさでは低いものは60~70%、高いものは知りません。皆さんはどの程度の値なら信頼できると思うでしょうか?
 90%? もっと上ですかね。計算の都合上期待もこめて95パーセントではどうでしょうか?

 仮にPCR
検査の感度も得異度も95パーセントとした場合、感染率が50パーセントの集団40人を検査するとこうなります。
 陽性20名、陰性20名。 実際はそのうちの5パーセントの1名ずつが間違っているはずです。

 最初の発端となったクルーズ船の乗客乗員3711名に対して行われた検査結果が発表されています。

 検査人数は3618名。陽性696名、陰性2922名です。(3/1時点)
 全体の感染率は19%程度。
 
感度も得異度も95パーセントとした場合、陽性(661+35)、陰性(2776+146)なので、本当の陽性は661+146=807名いるはずですが、そのうちの661名だけ特定できたことになります。(実際は4/18現在712名です) この検査の発見率は661÷807≒0,82で約82%発見できたことになります。

 もちろん
感度も得異度もさらに上がれば発見率も上がっていきます。

 クルーズ船は約19%の感染が確認されましたが、一般の人たちをたくさん検査するとどうなるでしょうか?
 当然感染確率は低くなります。4/18現在東京都では人口約1300万人の内約3000人の感染が確認されています。感染率は0,023パーセントです。
 もっと多いはずだとして、0,1パーセントで1万3000人、1パーセントで13万人です。


 仮に1%が感染しているとして2万人を検査したらどうなるでしょうか?

 陽性200名、陰性1万9800名となります。
 やはり
感度も得異度も95%とすると、陽性200名のうち陽性190名、10名が陰性。
 陰性19800名のうち陰性は18810名、隠れた陽性が990名も居ることになります。
  
 実際の陽性者は190+990=1180名いるのに190名しか見つけることができていません。
 発見率は190÷1180≒0,16 わずか16パーセントです


 このように感染の疑いが低い集団をたくさん検査しても、信頼できる結果が得られなくなってしまいます。だから感染の疑いが高い人だけを検査する訳ですね。
 もちろんPCR検査の結果だけでなく、発熱や倦怠感、胸部レントゲン画像などさまざまな所見を総合して専門医が診断を下しているのだと思います。


 どうでしょう? やみくもにPCR検査をしても意味がないという事をお解かりいただけたでしょうか。

 この他にもウィルスの感染を調べるには、抗体の有無を調べるイムノクロマト法という検査やCTによる画像診断など、信頼できる方法があるそうです。

 ただ、病院で集団感染が起きている現状を考えれば、体調が悪くないのに念のために受診する行為は止めたほうが良いと思います。


yjimage




ギャラリー
  • スポーツの力は凄いです
  • スポーツの力は凄いです
  • スポーツの力は凄いです
  • スポーツの力は凄いです
  • オリンピックが始まりました
  • オリンピックが始まりました
  • オリンピックが始まりました
  • 暑いです
  • 暑いです
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ