先週の肉離れから1週間たち大分回復したのでスノーバで滑ってきました。 

 ブーツを履くとふくらはぎが当たって少し痛いですが、基本スキーは脹脛をあまり使わなくても滑れるスポーツです。むしろスケーティングや歩く時のほうが脹脛に負荷がかかります。
 丸沼のプラスノーを滑ると脹脛が筋肉痛になるのは、移動時にスケーティングを多用するからで、爪先で蹴る動きをしているんですね。

 滑っている時は殆どがブレーキなので踵で押し込む動きになり、脛の前頚骨筋を多用するのでスネが痛くなります。
 スネもフクラハギも両方鍛えて足首を使うのが理想ですけど、足首を使わなくてもブーツの性能で滑れてしまうのが今のスキーなんですね。

 
 それでも2週続けて怪我をするわけにもいかないので、早い動きは避けてゆっくり大人しく滑ってきました。
  
 今回は切り替えでフラットを踏む練習~逆エッジに乗る感じをつかむメニューをしてみました。
これは通常は前半スライドさせて中盤から切って行くのに対して、正反対のことをやるわけです。
切り替えからターン前半をスキーを振らずに逆エッジに乗って斜行して中盤から一気に回すパターンで、実用的では無いですが新しい感覚を感じ取れると思います。
 スノーバでやるのは難しいですけどね。
 切り出し画像です。

P1120370


P1120371


P1120372

 動画はこちら⇒
https://www.youtube.com/watch?v=q-fV0ZCltX0&feature=youtu.be