げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

2022年08月

信じる者は・・・もうお手上げです。



 例の悲惨な事件のおかげか、自民党と統一教会のズブズブな関係が明らかになってきました。 昔から噂は聞いていましたけど、こんなに酷いとはね。

 オーム真理教が事件を起こしたときもそうだったように、一度信じてしまった人たちを説得して改心させるのは難しくて不可能に近いですよね。

 それでもまだ特定の宗教の信者は少人数なので被害は少ないです。

 ところがね、国民の82%もの人が信じちゃってると被害が大き過ぎるのですよ。

 どうせ言っても無駄だと心の中では思いながらも、記事を書いているわけです。


 なぜワク〇ンが良いものだと信じちゃって居るのでしょうか?

 ワクで根絶できたウィルスは唯一天然痘だけですよ。

 殆どの感染症に対して有効なワクなんてできていないのが現実です。

 何を根拠に信じちゃっているのでしょう??


 さて、浜松市が新たなデータを出してくれているので貼っておきます。

 高齢者中心に4回打った人の感染が増えています。
 感染者のうち無症状は未接種が一番多く、中等症は4回打った人が多いです。

 データを見る限り、4回打つメリット・ベネフィットは無いと言えるでしょう。

 4回打った岸田首相が感染し発症するのも当然でしょう。

 (いやいや重症化を防ぐのだ)とか(人へ移し難くなるのだ)などと言う専門化がいますが、そのようなデータは示されていません。口だけです。

Screenshot_20220822-161018

Screenshot_20220822-161356

Screenshot_20220822-160910

 厚労省のアドバイザリーボードからは、接種回数別感染者数のグラフが無くなりました。

 ワクの効果を示すようなデータでは無くなって来ているからでしょう。

 ブースターによる免疫低下についてはこちらを参考に。

 

続報!浜松市データを見ると



 前回は1/1~8/4までのデータでした。ちょうど1週間経って、~8/11までの浜松市のデータが出ているので貼っておきます。

Screenshot_20220813-180158


Screenshot_20220813-180108



 わずか1週間で、4回打った人の中等症が増えています。なんと未接種者の10倍ですね。

 これが現実です。
 今後ますます増えて行くでしょう。

 コレはかなりヤバいんじゃないかな!?



 

4回目は効くのか??



 浜松市が公開している最新のデータでは、今年1月1日から8月4日 までの感染者状況、ワク接種状況を知ることができます。(厚労省は出さないからね)


 すでに2回打った人、3回打った人たちの感染者数、発症者数が未接種者を上回って来ているのは、厚労省のデータでも明らかです。

 浜松市のデータでは4回打った人も感染し発症していることが解かります。

 一部コピペしました。
 (回数別症状の割合・無症状・軽症・中等症)



Screenshot_20220810-163903
 実際の数値

Screenshot_20220810-164130

 直近1週間の感染者状況

Screenshot_20220810-164833

 未接種のグループは若者が多いことも有って、一番症状が軽い傾向があります。

 反対に4回打ったグループでは高齢者が多いので、軽症・中等症が少し多いようです。

 重症者はほぼいません(0ではない)


 以前の記事でオーストラリアのニューサウスウェールズ州では、4回打った人たちが一番多く入院していることを紹介しました。

 おそらく日本も同様の道を辿る事に成るのではないでしょうか?

ー=-=-=-=

 複数回同じものを打つと免疫抑制が起こることが解かって来ているそうです。

 村上康文東京理科大名誉教授が説明されていますが、此処にも登場している駒野宏人北海道大学客員教授と東北有志医師の会代表の後藤均医師の対談動画で詳しい説明がありました。残念ながら現在は非公開動画となっています。 一部抜粋したものがこちら。

 
 

 イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリアなどで、4回打った人たちの健康被害が多数報告され問題が表面化してきています。

 今現在、4回目の有効性・安全性を示すデータは何処にも有りません。

 テレビの専門家はさも効果が有るかのような嘘をついています。

 騙されないよう注意しましょう!






4回目中止も北海道から。

 北海道の医師達は素晴らしいですね。

 全国有志医師の会も北海道から立ち上がりました。

 今度は4回目の接種中止を3つの総合病院が発表しました。

 ⦿手稲渓仁会病院 ⦿札幌徳洲会病院
 ⦿札幌禎心会病院

 それぞれホームページやSNSで、発表しています。
 
 ただし、特に反ワクと言う事では無いそうです。
 問い合わせが殺到して業務に支障が出ているそうです。
 問い合わせは止めましょう。



 現在国内では2回済3回済の人たちの逆転現象が起きています。

 海外の状況を見ると、4回打った人はとても酷い事になってしまっています。

 理論的には解っていた免疫抑制が、現実に起きています。
 ブースターを繰り返すと酷くなります。

 政治家はもちろん、推進してきたテレビ新聞、医師や専門家達はどう責任を取るのでしょうか?

 まぁ2回打った人3回打っちゃった人は、残念ですが仕方無いです。

 流石にこれ以上は止めてください。

 オーストラリアのNSW州では、567の入院患者のほとんどが4回打った人になっています。
Screenshot_20220804-122508


 アメリカでもワク後遺症患者が勝訴する判決が出たそうです。

 免疫抑制については、解説動画などで勉強してください。

 もう、[反ワクが〜]とか言っている場合じゃあ有りませんよ。




足首を使ったスキーの回旋・角付けについて



 前回に続いてスキーの回旋・角付けに付いてのお話です。

 1回目は(スキーの角付け・回旋は股関節主体で行なう」話をしました。

 2回目は(角付けには股関節の外転のほかに、股関節を内旋させる方法もある)事を紹介しました。 

 その中で(スキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きる)と説明しました。
 このことから逆に、足首を外に捻れば角付けが起こることを利用して、角付けのコントロールをして行こうと言うのが今回の狙いです。

 何時もながら解かり難いと思われる動画を作ったのでご覧ください。

  


 股関節はともかく足首の説明が複雑になるため、3回に分けて説明して来ました。

 何時も言っているように若くて運動神経の良い人は、難しいことを考えなくても練習すれば上達します。

 ある程度年齢が上がると、やみくもに練習していても上達しなくなっていきます。

 そんな時には細かい運動要素に滑りを分解して、どの運動要素が足りず何が余計なのか?を知ることで課題がハッキリしてきます。

 また、あいまいな部分をクリアにしていくためにも、足首や股関節の動きに注目して技術を考えていってもらいたいと思います。






 
ギャラリー
  • 怪我から4ヶ月経ちました。
  • 怪我から4ヶ月経ちました。
  • 9月です。オフシーズンも折り返し点。
  • 9月です。オフシーズンも折り返し点。
  • 信じる者は・・・もうお手上げです。
  • 信じる者は・・・もうお手上げです。
  • 信じる者は・・・もうお手上げです。
  • 続報!浜松市データを見ると
  • 続報!浜松市データを見ると
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ