げんさんのすっきりスキー

さらなる上達を目指すシニアスキーヤーを応援します!

レッスンのお問い合わせはメールフォームからお願いします。  https://ws.formzu.net/fgen/S46651249/

2019年03月

午後から雨の2in1でトレーニング。

 朝からプラス気温で雪も緩みがちなバーン状況でしたが、午前中はなんとか天気も保ちました。

 今日は静岡県からお越しのSさんと、マンツーマンでトレーニングです。
 八方の1級を狙ってると言う事で、いつものようにポジション確認から。
 ずらし操作が苦手なので、小回りで暴走し易いタイプです。
 横滑りや捻り回すメニューなどと同時に、スキーを前後・上下に動かす練習で、小回りの強化を目指しました。

 午後からは上部で雪、下部は雨になり、かなりずぶ濡れになりながら、頑張ってもらいました。
 コブのラインについても少し説明したので、あとは練習あるノミです。

イメージ 1


 来週末はかぐら・田代です。
 引き続きトレーニング募集中です。

平成最後の白樺湖周辺。

 都内ではさくらが咲き始めでいますが、今週でシーズン終了の白樺湖のスキー場へ。

 さすがに道路に雪はありませんが、ゲレンデにはまだたくさん雪が有ります。

イメージ 1

イメージ 2



 今日は2in1でいつものTさんとトレーニングです。
 朝は硬かったけれど、だいぶ緩んで来ました。
 ちょっと天気が下り坂で明日は雨予報ですが、明日もトレーニング頑張ります。

イメージ 3

イメージ 4

過去の動画



 しかし新元号の決定委員までも安部総理に忖度するのでしょうか?
 どうしても「」の字を入れたいみたいですね。


 さて、シーズンも後半、プライズテストも大詰め、と言うことで、私が基礎スキーを強く意識していた頃の動画を探してみました。
 クラウン合格した翌年、今から4年前のサンメドウズでの動画です。


 この時は綺麗に丁寧に滑ることを意識した滑りですが、板がブリザードのGSR174センチです。(クラウン合格時もこの板です)
 軽くて取り回しが楽な割りに、そこそこ強さがあって良い板でした。
当時人気が高かったスーパーソニックを大回り寄りの設定にした機種です。

 コブも簡単そうに滑っていますが、八方のトップより高い1900mからスタートするコブです。リーゼングラートよりも上にできるコブを想像してください。
 今考えるとこの滑りは板に因るところがかなり大きいと思います。
 やはり検定バーンや雪質にマッチした道具を選択する事もとても大事ですね。
 
 今週末サンメドウズで受験の方は頑張ってください!


23(土)のアルペン試乗会のまとめ



 23日土曜日にアサマ2000で行われた、アルペングループの開催する2020モデルスキー試乗予約会に参加してきました。
 毎回事前予約で定員に達してしまう人気会場です。

 今回の試乗はちょっと失敗してしまい、よく分からない結果となってしまいました。一応レポートをまとめますがあまり参考にならないと思いますのでご注意ください。

 それはまず、いつものルーティンを守らなかったため、基準となる滑りがなかった事。いきなり試乗板で滑り始めてしまったこと。
 アサマのステージ2は距離が400メートルしかなくリフトも遅いため、30分で3本滑っても1200メートルと短すぎること。混雑していて色々なことを試せなかったこと。などの理由によります。

----------

 試乗板は小回りデモトップモデル165センチを比較しました。

1 NORDICA DOBERMAN SLR RB FDT      ¥137000+税
イメージ 1

2  ROSSIGNOL HERO SL FIS ATHLETE (R22)   ¥
イメージ 2



3  VOLKL RACETIGER SL WC+XCELL16      ¥105000+税(板のみ)
イメージ 3

 
4  HART CIRCUT ST DEMO SP          ¥103000+税(板のみ)
イメージ 4

5  SALOMON S/RUSH SHOT SL+Z12WALK      ¥115000+税
イメージ 5 イメージ 6

6  VOLKL RACETIGER SL WC D           ¥143000+税
イメージ 7

7  FISCHER RC 4 WC SC CB Yellow Base     ¥145000+税
イメージ 8 イメージ 9

8  VOLKL RACETIGER SL WC D 157        ¥143000+税
イメージ 10

9   ROSSIGNOL DEMO ALPHA TI LTD(R22) 166 ¥145000+税
イメージ 11 イメージ 14

10 SALOMON S/RACE FIS SL +X12LAB     ¥123000+税(板のみ)
イメージ 12 イメージ 13

 以上の10モデルです。9時から15時まで連続6時間乗りました。
 乗った感じからグループ分けをしました。

 ◎ガッツリ系
2  ROSSIGNOL HERO SL FIS ATHLETE 
3  VOLKL RACETIGER SL WC+XCELL16
7  FISCHER RC 4 WC SC CB Yellow Base
10 SALOMON S/RACE FIS SL +X12LAB
 どれも安定性抜群で硬いバーンでも不安が無い。普通に滑れるが乗りこなすには相当の体力・技術が必要。中でもロシニョールが手ごわく感じられた。逆にサロモンが乗りやすい印象。
 重いし価格も高いので技術選に出るような限られた人が対象になると思う。

 ◎しっとり系
4   HART CIRCUT ST DEMO SP 
9   ROSSIGNOL DEMO ALPHA TI LTD
 ガッツリ系と比べると最初は物足りなく感じるが、馴染んでくるとなかなか良い板なのではと思わせる味の有る板だと思う。
 個性が無いので使いやすいはずだが、どちらもカラーリングが残念だ。
 ハートのレンタルビンディングは高さが有り過ぎて難しくしている。通常のビンにすればまた乗り味が変わると思う。
 
 ◎さっぱりすっきり系
1 NORDICA DOBERMAN SLR RB FDT 
 VOLKL RACETIGER SL WC D 
8  VOLKL RACETIGER SL WC D 157 
 軽く乾いた乗り味だがシャープに切れる。
 SLの板でプレートとビンを軽くしたモデル。
 ノルディカはウォームアップがてら乗ったので、正直よく分からなかった。
 フォルクルも157の方はエッジが噛みすぎてズレてくれず滑りにならなかった。
 前回は157のバランスが良いと感じたが、今回は165の方がずっと良かった。雪質やチューンの影響を受けやすいのかもしれない。

 ◎2級レベルから可能
5  SALOMON S/RUSH SHOT SL+Z12WALK  
 今回試乗した中で唯一中級レベルの人にお勧めの板。
店員に上級モデルを勧められても断る勇気が大切だ。

  以上。オガサカ・アトミック・ヘッド・エランなどには乗ることができませんでした。

 予断ですが、アサマの硬いバーンでは、私の使っている中古の板は経たっていてグリップしないことが解りました。特に14”のデモアルファは滑走面がコンベックスになっているので、エッジを立ててもダメでした。まだ10”モデルのスラ板のほうが使えました。イメージ 16
 帰宅してから滑走面をかなり削りましたが、これでダメならコブ専用にします。滑りがイマイチなのは板のせいかも?(←言い訳)

 やっぱり新しい板は良いですね!
 アルペングループのスタッフの皆様、ありがとうございました。

イメージ 15



 
 

結果が出た21日のトレーニング。



 21日に受講されたNさんの動画を編集・掲載しようとしていたら、ご本人から嬉しい知らせが届きました。
 なんと24日に行われたプライズ検定でテクニカル合格! おめでとうございます。前回-2点だったのが+1と3点アップに成功したそうです。

イメージ 1

 今年はネット上で批判されたり騒がれたりで参加者も少ない中ですが、結果に結びつくトレーニングができたことがとても嬉しいです。
 正直言って、もう止めてしまおうかと思った時もあったのですが、トレーニングを募集し続けて良かったと思います。

 短いですが、そんなNさんの小回り動画です。テクニカルの参考になります。

 4月からは、かぐら・田代でコブ中心のトレーニングになります。
 引き続き募集していきますので皆さんよろしく!


ギャラリー
  • 只今引っ越し中なので・・・
  • 只今引っ越し中なので・・・
  • グラフィックが届いたぞな
  • グラフィックが届いたぞな
  • グラフィックが届いたぞな
  • 前後動のトレーニングの一例を紹介しました
  • 今できる事を、頑張る。
  • 今できる事を、頑張る。
  • 今できる事を、頑張る。
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ