前回は「スキーの角付け・回旋は主に股関節の外転と内旋を使って行なう」と言う話をしました。

 実はスキーの角付けには股関節の外転のほかに股関節を内旋させる角付けもあるので、その部分に付いての解説動画を作りました。

 通常は股関節を内旋することでスキーを回旋させています。
 ところがスキーの向きを変えずに股関節を内旋すると、足首が外へ捻られる結果、足首の角付けが起きるのです。

 つまり、股関節の内旋によって足首の角付けが起きます

 実際多くのスキーヤーは無意識にこの両方を使って滑っていると思います。

 そこで、スキーの角付けを股関節の外転で行なう練習と、股関節の内旋で行なう練習をして、違いを理解して滑りの精度を高めて行くことができるのではと考えています。

 何時もながらややこしい話で申し訳ないので、動画を参考に試してもらえると幸いです。



 動画内でも言ってますが、ブーツを履いたときと脱いだときでは角付けがまったく違ってしまいます。
 陸上トレーニングやスキーのシュミレーションでは必ずブーツを履いて、動きを確認してもらいたいと思います。