「一番良い位置に乗り続ければよい」とは言っても、具体的にどうすればよいのか、それが問題です。
 
 折りしも今シーズンはSAJが教程を方向転換するという事で、今までカービングを優先させてきた理論を、ずらしてコントロールする事を重視するような指導方法に変えてきました。
 カービングターンは角付けが主体のターンなので、スキーを外へ出すか体を内側に入れるかして、スキーの面を傾けることからターンが始まります。そのために重心移動が重要なテーマとなり、身体とスキーの距離は離れたままキープするターン運動になるのですが、この特徴のせいでターン後半に体が山側に残ってしまい、スムーズに次のターンに入れないスキーヤーが続出する事態になりました。またスピードの出し過ぎ、コントロール不足といった問題も指摘されます。
 
 それに対してずらすターン(スキッディングターン)は、ひねり(回旋)と角付けを同時に行い、迎え角を作り出してターンします。
 シュテムターンで言えば次の外スキーを開きだせば、迎え角が生じ同時に角付けされるので、その外スキーに乗りこんでいくターン運動になります。
 横滑りを使う場合はパラレルスタンスを保ったまま、ひねりや先落としといった動作を使い両スキーに迎え角を作り出して、その両スキーに乗り込んでいくターン運動になります。
 そして(迎え角の大きさ=ずらす量)によってターン弧をコントロールして行くのですが、重要なのは重心移動よりも足元の操作が優先される点です。スキーと体の距離もそれほど離れずに変化して良い事になります。
 
 エキスパートを目指すのなら両方のターン技術を磨くとともに、その境目あたりを追求していく事が必要だと思っています。
 
 カービングにしてもスキッディングにしても、ターンの入りはスキートップが雪面をとらえなければ方向が定まりません。ターン始動ではしっかりトップを押さえられるポジションが重要です。ターン中半から後半はスキーの真ん中から後ろ側に乗って、外からかかる力をきちんと受け止めたり、力を逃がしたりして行く部分になります。
 結果として一つのターンでは乗る位置はトップからテールへと変化します。
 切り替えでは後ろに有る重心位置を前へ戻さなければなりません。ここでは前への動き(=上への動き)が必要になります。
 
 これらの動きを的確に演技しているのが、以前紹介した「チロルスキースクール」のこの動画です。

 
 日本のデモとは全く違う深い前傾姿勢前方への立ち上がり動作。残念ながら日本ではこのような滑り方はあまり歓迎されていないようですが、これが世界標準のパラレルターンです。
 今のスキーはテールに乗ったままでも滑れてしまうので、腰が落ちたまま滑っているスキーヤーがとても多いのですが、ターン始動ではもっと腿を立てて、しっかりトップからとらえて行く運動がとても大切ではないかと考えています。